USCPAその後、経理転職その後

コンサルファーム→BIG4会計事務所→東証一部上場メーカー経理。米国公認会計士(USCPA)。海外行きたいけど、当面、国内勤務。中途半端な英語をモノにしたいと日々考えたり動いたり。

娘と英語。恐るべき幼児の吸収力

シルバーウィークですか。ただの三連休じゃないですか。
まあメーカーの私には三連休どころか普通の週末ですが!

とか嘆いてみたところで何も変わらない上に気持ちがさらに萎えるだけなのでこの辺にしておきます。

私には二歳の娘がいますが、8月くらいから英語教育を始めました。いつか子供には英語に触れさせようと思ってたものの、図書館とかで情報収集しているとこのくらいが耳が非常に言葉に敏感な時期であり、むしろ、何もしなければ2歳半ばあたりから日本語以外の言葉は雑音として処理をし始めるとのこと。その情報の信ぴょう性は知りませんが、まあ自分も英語勉強してるし、この際始めてみるかという事で始めました。

教材は非常に迷ったのですが、あまりお勉強にならないものを心掛けました。結果、最終的にかの有名な「ディズニーの英語システム」にしました。

知ってる人は知ってると思いますが、フルセット揃えるとこの通り超盛りだくさんで、値段もクソ高い教材です。(ちなみにリンク先に値段は書いてないので興味ある方は何かしらで調べてみてください。)
でも結局買いました。
さすがにフルで買うのはリスキーだし不要なものもあったので色々駆使してバラで必要なものだけ集めることで10万円は超えたけど許容範囲内の出費に抑えら事が出来ました。

早速始めて、1ヶ月くらいたちました。妻のフォローもあり、毎日娘に英語に触れさせています。この教材いいです。全く本人は勉強しているつもりはなさそうで楽しんでおります。

肝心の成長はというと、幼児の吸収力はすごいというしかないです。歌やフレーズは大人の何倍も早く覚えてしまいます。まあ日本語でさえあやふやなのでまだまだ真似しているだけですが、しっかり聞いて発音しています。

このペースが続けば面白い成長をしてくれるかも。

最近はこんな生活です。週末は数時間は子供と英語に触れています。おかげで私の英語のモチベーションが上がっており、また英会話も再開したりしています。

家族で英語。これからが楽しみ。

シリーズついに完結?未払い残業代が支払われた

いつの間にやら前回の更新から20日経っていました。

平日は相変わらず朝は子供を保育園に送り、夜は仕事で終わってしまいます。そしてその分、反動のような形で週末は子供と遊んだり英会話したり運動したり何やかんや詰め込んで過ごしてしまいます。

そんな日常で、ブログを書く時間があまりない割りに書きたいことが沢山あり何を書こうか考えているうちに時間が無くなったり情報に新鮮味が無くなって書き時を逃がしたりしてしまうのです・・おそらくブログを書いている人あるあるではないでしょうか?

でも毎日更新している人とかはすごいです。でも、逆にネタをためずに直ぐに書いてしまうほうが迷いが無くて楽なのかもしれない。これを書いてて少し良い発見したかも。

 

さて独り言のような言い訳のようなことを書いてしまいましたが今日の本題。仕事多すぎだよシリーズの続きです。

前回は思いもよらずにサービス残業代の未払請求ができるチャンスが出た話ですが、今回その後の話です。

未払い残業代が今月の給与で払われました。

しかも、私の請求したサービス残業の申告の全てが認められ3桁万円の凄まじい金額となっていました。もちろん、申告は全て事実に基づいていたので認められるべきではあるのですが、会社側がここまですんなりと応じてくれるとは思っていませんでした。

しかも、深夜や土日の割り増しもきっちりと計算されているようでした。

これをもってこのシリーズは一旦完結でも良いのではと思います。お金払われたのですから蒸し返すこともしません。

今回の一連の流れから見るに、サービス残業はやはり会社側のルール違反ですし、しっかり根拠があるのであれば従業員側は未払い残業を請求したほうがいいと思いました。

もし、このブログを読まれておりサービス残業に悩まれている方がいらっしゃれば、まずその実態がわかる情報を残しておくこと(私は業務時間外で作業したファイルは全て最終保存時刻がわかる形で残していました。)と、残業代請求に動くことをお勧めしたいです。

とはいえ、私も誰かが内部通報してくれたから便乗して動けたわけでなかなか難しいですよね・・・なのでえらそうな立場ではないのですが、こんな話がありました位で見て頂ければと思います。