USCPAその後、経理転職その後

コンサルファーム→BIG4会計事務所→東証一部上場メーカー経理。米国公認会計士(USCPA)。海外行きたいけど、当面、国内勤務。中途半端な英語をモノにしたいと日々考えたり動いたり。

ここがはじまり。シンガポールショック。

コンサルティング会社に転職しました。 コンサルティングの内容は、クライアントの海外事業の会計領域のサポート。 転職ですから、会計はそれなりに詳しいのです。 そして前職もコンサルですから、コンサルティングとはどのような仕事かは心得ていますよ。 英語は、、 読み書きなら、、、一応TOEIC800超えてるし。 前の仕事でも海外クライアントとメールのやり取りはしたことありますし。 英語の文書を読むこともありましたし。。 ・・・ 入社2ヵ月後、初めて英語での電話会議に出席しました。 相手はシンガポールのオフィスのマネージャー。 クライアントへのアドバイス方針についての打ち合わせです。 これが、私の生まれてはじめての「ビジネス英会話」初体験です。 結果、撃沈。 何も分からん。ここまで分からんか。 電話のスピーカーから聞こえる声はくぐもってて、単語の切れ目も分からない。 脳みそロック状態。 これは、昔TOEIC500点台くらいのときに感じた、あの無力感。 上司からは、「あれ、顔引きつってるよ」といわれる始末。 今から半年前。シンガポールショック。 ここが始まりです。宜しくお願いします。