USCPAその後、経理転職その後

コンサルファーム→BIG4会計事務所→東証一部上場メーカー経理。米国公認会計士(USCPA)。海外行きたいけど、当面、国内勤務。中途半端な英語をモノにしたいと日々考えたり動いたり。

海外ドラマ学習は癒しの時間

また週末に東京は大雪です。先週を上回る積雪量で、私は山手線圏内に住んでいますが、昨晩の夜12時ごろに帰宅するころは歩道と車道の区別がないほどでした。

都心はインフラとして除雪や融雪などが常備されていない完全に無防備ですので、こんな雪が降ると雪国以上に影響がでかいですね。

個人的には、この週は毎日毎日、各担当先へのタスクの締め切りに追われ、火曜日にあった祝日も含め、寝るか仕事かだけの日々を過ごしていました。何が好きでこんなことしてんのかと自問自答しながら迫りくる締め切りの恐怖に追われて日々気持ちをすり減らしていました。でもやっと峠を越えました。今日土曜日は久々に仕事を考えなくて良い一日を過ごす権利を得ました。明日日曜日はまた仕事ですが、これは翌週のタスクの前倒しなので、締め切りに終われない分、とても気分が楽です。でも、もう少し、ベースとなる仕事量を減らさないといつか取り返しの付かないことになりそうですね。。

そのような日々、私の気持ちを紛らわせてくれたのが、海外ドラマ「フレンズ」でした。出勤時間の電車の中でも日経新聞をさっと見た後はすぐにフレンズ。帰りもタクシーの中でフレンズ。

フレーズを理解しながら見ているので、話的には40分くらいしか進んでいませんが、超字幕で記録される勉強時間を見ると、3時間くらいは隙間時間の中で見ていたみたいです。

正直な感想として、これは英語勉強ツールとしてはすばらしいです。何より、楽しい。勉強しているというより、気分転換として、時間が出来れば見たい、彼らの声が聞きたい、理解したいと思うのです。

私は英語学習者ですので、これを単純な娯楽として楽しんでいるのではありません。英語能力を向上させる要素があるから楽しみを覚えているのですが、具体的にはまたどっかでかきます。

今回は感覚的な部分で終わらせてしまいすみません。

かくおはiphone版で学習してますが、ごさんこうまでに。