読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

USCPAその後、経理転職その後

コンサルファーム→BIG4会計事務所→東証一部上場メーカー経理。米国公認会計士(USCPA)。海外行きたいけど、当面、国内勤務。中途半端な英語をモノにしたいと日々考えたり動いたり。

今度は英訳、ただひたすら英訳

前回アップしたときは英語の文書を和訳する作業に追われていました。

ここ2週間は全く逆の行為、つまり和文を英訳する作業に追われていました。

きつかった…また寝るか仕事かの毎日でした。

これがなかったら少しは落ち着いた日々を過ごせたのですが…

相変わらず社内の事情で翻訳部隊が完全にパンクしており、コンサル職である自分たちが翻訳もやらないといけないという、緊急事態にひたすら対応中です。

今回、英訳作業の対象となる文書は総ページ数Word80ページ。

聞くだけでいやになりますね。

これをどのくらいの工数で翻訳するか。

自分には検討もつきませんでした。

やってみると、グラフとかが入っているページは大体1ページあたり1時間くらいでした。

文字だけのページは2-3時間ですね。

総工数は100時間くらいですか。

プロの人はどのくらいかけるんでしょうね。

専門用語も多く、とてもとてもきつい作業でした。

今は最後の文法とかのチェックをしています。

まあネイティブでもなんでもない私がどれだけセルフチェックをしても質は保証しませんが…笑

かっこいい表現を使わなくても、ロジックが日本語と異ならないようには気をつけています。

しかしこの作業、ほんとうきついです。。。翻訳だけならいいですけど、ほかのお客様の案件のインタビューとか、分析作業とかもありますからね。。

また英訳で気づいた点とかはご報告しますね。