読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

USCPAその後、経理転職その後

コンサルファーム→BIG4会計事務所→東証一部上場メーカー経理。米国公認会計士(USCPA)。海外行きたいけど、当面、国内勤務。中途半端な英語をモノにしたいと日々考えたり動いたり。

英語のフリートークが苦手

先週、3連休を利用して用事で大阪に行っていました。 泊まったのは、近くにこれがあるところ
新世界ですね。 そして、治安の悪さで有名な「あいりん地区」が隣接しています。 ホテルは3畳の一室2,300円。現地にしてはそこまで安くない部屋です。 ここに泊まりたかった理由の一つに、ここのエリアの周辺には外国人観光客が多いので、少しは交流できるのかなと思ったのですね。 案の定、ホテルで荷物を置いて新世界をぶらぶらたこ焼きを食べながら散歩していると、台湾人の大学生に英語で道を聞かれました。 ちょうど、私のホテルの周辺だったので途中まで10分くらい一緒に歩いたのですが、彼は大学生の割りに英語がよく上手でした。自分はほかの台湾人と比べるとまだまだ、と言ってましたが、台湾人の英語事情ってどんななのでしょうね。 一方で、私の方は、話をしながら自分の英語に失望していました。 フリートークに深みが全くない。。 いつきたの?いつ帰るの?大阪のほかのどこか行った? 質問も単発の応答で、広げることが出来ない。 これって、英語を勉強し始めたころの会話レベルと同じじゃない??? ちょっと、オンライン会話にしてもテキストのシチュエーション学習にこだわりすぎて、無から会話を展開する練習をしていなかったことを痛感しました。 せっかくフレンズでたわいのない会話もたくさん聞いているのだから、それも生かしてもう少しオンラインで学習するときもフリーの要素を増やしてみようと思います。 台湾青年、勉強になりました。ありがとう。