USCPAその後、経理転職その後

コンサルファーム→BIG4会計事務所→東証一部上場メーカー経理。米国公認会計士(USCPA)。海外行きたいけど、当面、国内勤務。中途半端な英語をモノにしたいと日々考えたり動いたり。

フィリピン人英会話でもネイティブ対策を検討してみる

ここ何日かの記事はいずれもネイティブ同僚を前にくじけそうになっている内容で、いささかネガティブになっておりました。

今日、久しぶりに前の会社の同期でアメリカの大学に4年間通っている男がいるので悩みを相談しました。 アドバイスは、 慣れがものをいう、だそうです。

とにかく話し、聞きを繰り返す、それしかない。そういう状況にある今をチャンスと捉えて楽しめ、という激励をもらいました。

具体的な戦略とかないの?と聞きましたが、ない。俺も昔はそんなこと考えていたが、結局慣れに尽きる。そういう回答でした。

…こうなったら、慣れるしかない。 そういうことで、今日もオンライン英会話に取り組みました。 やっぱり、フィリピン人の英語はすごく聞き取りやすい。細かい単語もよくわかる。 少し、自信が戻りました。最低でも、英語が出来ないわけじゃない。

でも…こんな感じで満足していていいのか? ネイティブ英語が聞き取れないことには変わりはない。

そこでレッスン後、今日、思い切ってオンライン英会話の事務局にメールでお願いしてみました。 ネイティブ英語にもっと対応したい。もっと、負荷を上げて欲しい。

対応、してくれるのか??