読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

USCPAその後、経理転職その後

コンサルファーム→BIG4会計事務所→東証一部上場メーカー経理。米国公認会計士(USCPA)。海外行きたいけど、当面、国内勤務。中途半端な英語をモノにしたいと日々考えたり動いたり。

コンサル時代とメーカー経理の生活スタイルの違い

最近、ふと前職のBIG4やその前のコンサルファームでの生活が懐かしくなります。

朝は適当な時間に出社し、ランチも自由な時間に好きな人と。業務時間中も疲れたら抜け出して買い物に行ったり、昼寝をしたり。もちろんその時間は稼働時間から除くのですが、成果物さえちゃんと出来れば文句言われる筋合いはありません。

それに比べて、工場で働いている今は朝は始業の30分前には出社し、朝礼も毎日。ランチタイムも決まっており食堂で部門のメンバーで黙々と食べる。業務時間中は私語は基本する暇もなく、ライン作業のごとくタスクをつぶしていく。もちろん休憩は原則NG。というか、退社時間が予め決まっているため、ちょっと息抜きした分、夜頑張るという選択肢がないのです。

生活スタイル、本当に変わりました。でも今の会社でも工場から離れて本社とかに行けばもう少し柔軟になるんでしょうけどね。

ふと、昔の自由でゆるい生活が懐かしくなります。

多分に美化されているんですけどね。実際戻るか、と言われたら、戻りません。