読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

USCPAその後、経理転職その後

コンサルファーム→BIG4会計事務所→東証一部上場メーカー経理。米国公認会計士(USCPA)。海外行きたいけど、当面、国内勤務。中途半端な英語をモノにしたいと日々考えたり動いたり。

ネイティブとのオンライン英会話を体験

2年ほどフィリピン人講師とのオンライン英会話を年間100レッスン以上受講していましたが、成長曲線が緩くなってきたことで今年に入って休止していました。

今週からは、次のステップとして、ネイティブ講師のオンライン英会話を体験しました。

ネイティブとの会話。それは私にとっては苦手意識のあるもので、また超えなければならない壁でもあります。

こればかりは性質上、フィリピン人講師といくら練習しても達成できないので、ネイティブ講師のレッスンを検討しました。

授業の形式はこれまでと同じでスカイプで25分のレッスン。ブラジル在住のアメリカ人講師でした。

感想。

ピーキングに関してはこれまでフィリピン人講師で受けていたレッスンの効果をしっかり感じることが出来ました。思ったより話せるし、通じる。講師にも褒めてもらい、どこで勉強したのかと聞かれるくらいでした。

リスニングに関しては、こちらも向こうが英会話用にはっきりと発音してくれるので意外と聞き取れました。正直、フィリピン人講師と理解度はあまり変わらないんじゃないかな、と思いました。違いといえば、欧米は文化の違いが大きいのででなかなかこちらのイメージがしにくい話になると理解度が落ちる、という感じでしょうか。でもやっぱり基本、早く感じるので集中力の維持が大変ですね。

ただ、私は仕事で電話会議をしたときのような意味不明な感じを体験しています。これが越えたい壁なので、レッスンに慣れてきたら講師にもっとナチュラルに話して欲しいとリクエストしようと考えています。

いずれにしても、新しい学習環境への第一歩が踏み出せたかと思います。ネイティブ講師のレッスン、本格的に受講していくつもりです。