USCPAその後、経理転職その後

コンサルファーム→BIG4会計事務所→東証一部上場メーカー経理。米国公認会計士(USCPA)。海外行きたいけど、当面、国内勤務。中途半端な英語をモノにしたいと日々考えたり動いたり。

英語力を伸ばすため、TOEICを受験します

最近英語の勉強を再開しました。具体的にはHuluの動画を見たり、英会話を再開したり。

でも、なんだか積み上げている感じが無いんですよね。

これまでは仕事で英語を使っていたり、ビズメイツで英会話のテキストのレベルが上がっていったりで成長を測っていたのですが、今の状況ではそういう尺度が無い。

その迷いをどう解決するか。

TOEICを受けるのが良いと判断しました。

私の現在のTOEICの点数は870点です。受験したのは2013年の12月なので、もう一年半くらい前の数値ですね。

正直言って、この点数に守りに入ってる自分がいます。もう十分。それに次に受けたら下がっているんじゃないか、それはいやだ。。とか。

でも、よく考えたら、この点数を取ったからって自分は英語が十分に使えていないのを認識しています。ネイティブの英語なんて雑音ですからね。つまり、守りに入るような点数ではないんです。

そして、ここから900点以上を目指すにはちゃんと負荷をかけた練習が必要で、その練習を行う過程で自分の英語力に磨きがかかるのでは、と思ったのです。でもここから試験までの約2ヶ月間、TOEICのための英語の勉強ではなく、英語力向上ためのTOEICを勉強をします。結果は求めますが、点数云々より、現在よりも多くのことが聞き取れること、より精緻なリーディングが出来るよう自分を高められればと思います。