読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

USCPAその後、経理転職その後

コンサルファーム→BIG4会計事務所→東証一部上場メーカー経理。米国公認会計士(USCPA)。海外行きたいけど、当面、国内勤務。中途半端な英語をモノにしたいと日々考えたり動いたり。

通訳案内士の英語試験免除にTOEICが追加

土曜日の朝です。今週は梅雨でずっと雨が降っていたのですが、珍しく晴れていますね。外に散歩にも行きたいのですが、娘がまだ小さすぎるのと、地方なので歩いたところで何もないので、ブログを更新しています。

5月に受けたTOEICの点数はまだ出ておりません。でも私の中ではひそかに目標にしている点数があります。

その点数は、「840点」です。

なぜ840点かというと、通訳案内士、いわゆる通訳ガイドの試験の中の外国語科目の試験免除基準の一つだからです。

TOEIC|PR|国家試験 「通訳案内士試験」の英語筆記試験がTOEICスコアで免除に!

TOEIC基準では、LRの試験が840点、SWの試験でスピーキング150点、ライティングで160点のいずれかを満たしていることです。

ただし、IP試験は対象外。

私はTOEICのLRでは870点、SWでも基準を満たしているのですが、いずれも会社で受けたIP試験での結果なので、現在免除基準の「対象外」となっています。

そういうわけで、先日うけたTOEICの点数で840点が欲しいのです。

ところで、通訳案内士を目指してたっけ?

そこまで積極的ではありませんが、昔から興味はもっており、また一応その資格があれば将来の副業になりえますし、趣味の延長としては狙っていいのかなと思いました。あとは、単にTOEICを受けるだけではなく、なにか目標となる点数があればな、という意味で掲げました。

そろそろ結果が出るころですね。840点、とれているのでしょうか・・・