USCPAその後、経理転職その後

コンサルファーム→BIG4会計事務所→東証一部上場メーカー経理。米国公認会計士(USCPA)。海外行きたいけど、当面、国内勤務。中途半端な英語をモノにしたいと日々考えたり動いたり。

通訳案内士 2012年過去問の結果

この土日はここ最近と同じように、程よく英語を勉強し、程よく筋トレし、基本的に家族以外とは特に合わずの日々です。退屈といえばそうかもしれないけれど、こういう日々をこれまで送ってこなかったので、これはこれで充実感を感じています。

さて、通訳案内士の問題傾向を体感するため、過去問を進めています。

2012年度の過去問の結果はこんな感じでした。一応60点で合格とされています。

一般常識:60点

地理:59点

歴史:41点

全く勉強せずに一般常識と地理は健闘しているといえるでしょう。少し対策すれば合格点に到達できそうです。一方で、歴史がまずいですね。問題は基本、著作を当てたり写真を見て自社や仏像を当てる漢字の文化史です。だって問題見ても全然わからないんですもの・・・ちなみに私は大学では日本史を得意としていたのですが、随分前のことですし、文化史は苦手なんです。

これまで日本国内もいろんな場所に旅行に行っていますが、歴史的な場所というか資料館的なものにはあまり興味なく、基本的に美味しいものと綺麗な景色が目的でした。

この機会に文化史をやり直せば、これからの旅行にも深みが増すこと間違いないですね。

この試験、そういう意味で勉強が結構楽しそうです。

でも家族からすると面倒くさい人になりそうですが。