読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

USCPAその後、経理転職その後

コンサルファーム→BIG4会計事務所→東証一部上場メーカー経理。米国公認会計士(USCPA)。海外行きたいけど、当面、国内勤務。中途半端な英語をモノにしたいと日々考えたり動いたり。

目標は、作らなければならない。次の目標を決めました。

前回の記事で、自分の英語勉強にテコ入れすると書きました。

ここ最近はドラマやNHKでのリスニングがメインと、たまにオンラインの英会話をやるのが主流。

試験の類はとりあえず通訳案内士の結果が出るまでは受けるつもりはなかった。

今回、通訳案内士に無事に合格したことで、新しい目標を作らないといけない

なぜ作らないといけないのか??

簡単。成長速度が全然違うから。

もう少し言うと、

成長するための段取りが作れないから。あと、何が成長したか分からないから。

とはいえ、具体的な数値目標とかを設けるかというと必ずしもそうではない。とりあえず漠然としておいて、あとから設けてもよい。

私の英語に関する新しい目標の一つは、

英検一級に合格するレベルの英語力をつける。

目的は、もちろん、

通訳案内士の資格を活用するための実力底上げです。

こんな目標を作って注意すべきは、目的と手段が逆転してしまうこと。

つまり、いつの間にか英検一級をとることが目的になってしまうこと。

それは無いです。英検の勉強は今考えている手段の中の一つです。

だから、合格することまでは目標にしてないのです。単なる逃げ腰だと決して勘違いしないようにお願いします。半分正解ですが。