読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

USCPAその後、経理転職その後

コンサルファーム→BIG4会計事務所→東証一部上場メーカー経理。米国公認会計士(USCPA)。海外行きたいけど、当面、国内勤務。中途半端な英語をモノにしたいと日々考えたり動いたり。

英検1級単語 有無を言わさずどんどん詰め込む。

2月一週目、月次決算が終わりました。

この仕事をしていると月末月初は毎月この締め作業が存在するため、有給はおろか病欠も出来ませんね。代わりの人が居ればいいのですが、残念ながらうちの職場はそんなの居ません。まあそこはマネジメントの判断ですから、そんな状況になったら上に任せましょう。

先日からはじめた英検1級の勉強ですが、まずは語彙の強化から着手しています。

教材として使っている「英検1級でる順パス単 (旺文社英検書)」はそのタイトルのとおり、英検1級のテストを分析した結果、出やすい度合いをA-Cに分類してくれています。

初めてからもうすぐ3週間になりますが、出る度「B」の終わりまで進みました。収録単語2,100のうち、1,400まで来たことになります。

そもそも単語帳を使った勉強は大学受験以来だったので、どのようにやればいいか分からず最初は早々に投げ出したくなりましたが、我慢して続けていくと、何とか習慣化することが出来、現在、とにかくどんどん詰め込んでる状況です。

習慣の力というのは強いですね。進めるスピードは仕事や気分で濃淡をつけるが、とにかく絶えず続けることを意識するのが大事ですね。

ここで、「詰め込む」という意味です。単に読み上げるだけが詰め込むなのか?今回、私は、単語を英語で見て意味が日本語で答えられるようになる状態を「詰め込む」としました。答えられない単語は何度も復習して言えるまで完了とはしません。

一方で、日本語を見て英語が言える状態までは持っていきません。そもそも英検1級の単語は難しいので、読めればいいかなという判断です。

この調子でまずは一周やりきりたいと思います。

具体的にどうやっているかはまたここで紹介します。