USCPAその後、経理転職その後

コンサルファーム→BIG4会計事務所→東証一部上場メーカー経理。米国公認会計士(USCPA)。海外行きたいけど、当面、国内勤務。中途半端な英語をモノにしたいと日々考えたり動いたり。

電通の自殺の件で。悪いのは誰だ

決算も終わり、今週はある程度のんびりできるかと思いきや・・・

 
そんなことはなかった。
 
仕事の報酬は仕事だ!
 
まさにこんな感じ。
 
会社の業績が良く無いのは理解するけど、最近は仕事の谷という谷を埋め立てられ、年間通じて繁忙期になりつつある。
 
自分で選んだ仕事だから仕方ないんだけど。別にずっとこの部署にいるわけじゃ無いし。
 
とはいえ、ずーっと忙しいと心がヘタってきますね。
 
そんな時、ツイッターで突然溢れて来た電通の自殺の件。
 
程度は違うが似た状況にいることもあり、非常に怒りを感じます。
 
あえて被害者と書きますが、被害者は悪く無い。
 
悪いのは会社だ。
 
会社が自殺まで追い込むような働き方を看過していたのが絶対悪い。
 
被害者はツイッターで訴えるまでしていることから、部署で泣き寝入りをしていたとは決して思えない。
 
できる範囲で必死に助けを求めていたはずだ。
 
それを会社は無視した。実際に死んでしまったのだから、何かしようとしていたとしても、無視だ。
 
会社は知らなかったではすまないし、知らないわけが無い。
 
万が一知らなかったのなら、知るための情報ルートを用意しなかったのが悪い。
 
もしくは、過労のリスクがあるなら夜中まで会社に居られないような仕組みを作れば良い。
 
PC持って帰って仕事をさせないようにログを取るなり無断持ち出し禁止令を徹底すれば良い。
 
難しいことは無いでしょ。やってる会社沢山あると思うよ。
 
この時代、やってないということは暗に過剰な労働を認めているということだよ。
 
今回の件で、自分は電通の仕事の流れは知らないけど、徹底して過労によるメンタル不調や自殺者が出ない仕組みを作って欲しいし、そこまでやらないなら反省が足りないと思う。
 
そして、もっと望むのは、国。
 
今回の話をうけて、国が国策としてもっともっと本気で国民の労働に切り込んで欲しい。
 
いまのローキとかサブロクとか何とかじゃ全然だめやん。
 
てか、この件以外で話題にされてない過労死も山ほどあるんだろうし、死ぬまではなくても鬱なんか日常茶飯事ですよ。
 
何とかならんかね。なりそうな気がするんだけど、変わらんもんかね。
 
適度な仕事量でみんなハッピーになりましょうよ。