USCPAその後、経理転職その後

コンサルファーム→BIG4会計事務所→東証一部上場メーカー経理。米国公認会計士(USCPA)。海外行きたいけど、当面、国内勤務。中途半端な英語をモノにしたいと日々考えたり動いたり。

行き過ぎた人員削減。誰が見ても危険すぎる…

先ほど2才の娘と夕方の散歩に行きました。ダウンジャケットが要らないくらいの暖かさだとも思ったら、いつの間にか3月に入っておりました。

仕事は期末決算の高負荷状態に向けて着々と暗雲が立ち込められてきています。期末決算は通常の月次決算以外に、決算特有の会計処理や実地たな卸し関係の煩雑な業務が上乗せされ、体感としては倍くらいの負荷になります。

残業抑制が厳しくなった今、乗り越えられるのか・・・

毎月の通常の月次決算においても今の私のいる経理部の体制はここ1年の間でコスト抑制の観点からぎりぎりまで人員が削減されてしまいました。

その結果、

月次決算中にチームの誰かが一人でも休むと業務がストップしてしまう

という状況になってしまいました。

こんな状況なので私は今のぎりぎり体制になってからは一度も月次決算は休んだことはないですし、幸いにしてチームメンバーもみな皆勤賞を継続してくれています。

しかし、いつも心の中で「決算で誰かが病気になったらどうしよう…」という恐怖を持っています。部の中でもリスクとして共有したことはあるのですが、誰も答えを持たず、やばいけどやるしかない的な感じでした。

私はチーム内は「この人だけしかわからない」ような仕事はできるだけなくすようにチーム内のローテーションを多めに回すなどの対策はある程度打っていますが、完璧にはできていないのが現状。

経理という組織は自らは収益を生み出すことができないので人員を減らすなり残業時間を減らすなりするしか収益貢献せざるを得ないのはわかっているのですが、ここまで減らす必要あるのか?というのが私の中で常にあります。塵も積もればというのはわかるが、実際に業務がストップしてしまったときに誰が責任取るんでしょうかね。

他の会社の経理も同じような感じなのかな?

・・・まあ、もうこんな状態も3年目になると「なんだかんだでぐちゃぐちゃになりながらも最終的に何とかなるんだけど」とかいう全く持って根拠のない楽観的な気持ちになってるのですが。。