読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

USCPAその後、経理転職その後

コンサルファーム→BIG4会計事務所→東証一部上場メーカー経理。米国公認会計士(USCPA)。海外行きたいけど、当面、国内勤務。中途半端な英語をモノにしたいと日々考えたり動いたり。

こんな理由でバイクの免許とる私も単純ですな

先日の記事に書きましたが、新年度ということもあり新しいことを初めてます。

それが、バイク。

ツイッター見られてる方は目にされたかと思いますが、中免の教習所に通ってます。

これまで全くバイクに興味なんかなかったのですが、周りにバイクが好きな人が多いのと、何よりこの本のシリーズに強烈に影響されてしまい、読了後にすぐ教習所に通い始めてしまいました。

珍夜特急1―インド・パキスタン―

珍夜特急1―インド・パキスタン―



タイトルと表紙を見るとわかる人はすぐわかると思いますが、沢木耕太郎氏の「深夜特急」シリーズを完全に意識したものです。

所詮素人の書いた電子書籍だろうし、こういう一見ふざけた感じの佇まいは私は嫌いなのでKindle Unlimitedでオススメされてるのを横目にしばらく無視していたのですが、読みたい本も特に無くなったので何気なく手に取ったのですが・・・

どハマり しました。

まず、何を隠そう私は旅好き。特に海外。社会人になってから元旦にインドに行ったり、西欧に行かずに東欧を歩いたり。あー、また旅したい。
この本は主人公である著者が海外を独力で渡り歩く話。そこは深夜特急と同じなんだけど、決定的な特徴がある。
まあお分かりかと思いますが、こちらはバイクで走り抜ける旅なのです。

そんなテーマだから尚更バイクに乗らない私が手に取るのを躊躇したのでもあるが、完全に虜になってしまった。文体も全く書店に出てる本に遜色なく、むしろ映像が浮かぶようなそして共感できる文体。全シリーズかなりあるが、一ヶ月くらいで一気に読んでしまった。

そして、教習所に通ってます。
妻もよく許してくれたもんです。こちらはちょっとした理由があるんだけど。

バイク。乗ってみると難しい。でも楽しい。車とは全く違う。しかし難しい。先生怖い。でも褒めてくれると嬉しい。出来ないと無茶苦茶悔しい。でもできるようになるのがもっと楽しい。

仕事だらけだった去年を振り返り、今年は少し力を抜いて、楽しみを増やしていこう。こちらのシリーズの続編も随時書いていこうと思います。お付き合いください。