USCPAその後、経理転職その後

コンサルファーム→BIG4会計事務所→東証一部上場メーカー経理。米国公認会計士(USCPA)。海外行きたいけど、当面、国内勤務。中途半端な英語をモノにしたいと日々考えたり動いたり。

夢は出来るだけ早く叶えた方がいい

有休取りました。3連休。

土日は小さい子供がいると結局何やかんやで時間に縛られるので、平日に有休が取れるとまたやれることも違ってきます。
 
今日は江東区東陽町の免許センターに行ってきました。中型バイクの検定に合格したので、それを免許証に追加するためです。
 
学科も免除だし、手続き自体は非常にスムーズ。発行までの待ち時間が一時間くらいかかるのが誤算だったけど無事に書き換えることが出来ました。
 
自分の中では教習所の検定に合格した時点でチャレンジは終わっているので既に新しい免許証みても特に感慨なんかないけど、これでバイクに乗れるようになった。
 
実は、バイクの免許を取るのは大学生の頃からの夢の一つであった。よく友人のバイクの後ろに乗っていろんなところに行くのが好きで、いつかは自分もとおもっていた。
 
でも費用であったり、周りからの不要論であったり、試験勉強だったり、なんとなく手続きがよく分からない…であったりで、ずーっと後回しにしていた。
 
それが、今年の春になんとなく手に取った本がきっかけで、その2ヶ月後には免許が取れてしまった。あっという間だ。
 
費用は10万円で少しお釣りが来るくらい。安くは無いが、人生変わるほどの出費では到底無い。手続きは教習所に行けば全部教えてくれた。取ってしまえば不要論なんか関係ない。
 
自分がこの2ヶ月のために大学の頃から10年近くも夢を後回しにしていた事情も分からなくはないが、もっと早く動いていても良かったのではと思う。
 
夢は大小、優先順位、難易度あるけれど、ハードルの低いものは出来るだけさっさと叶えてしまうのが良いのではないか。
 
例えば、大学生の時に衝動的にでも取ってしまっていればどうだったか?時間がたっぷりあったし、遠方のツーリングやカスタマイズを楽しんでいたのではないか?はたまた独身の頃であったら休みのたびに自由に乗り回してたのではないか?
 
今だって決して遅かったわけではない。
 
なぜなら、夢は叶えるから次の夢を創造することができるし、前に進むことができる。
 
それは今叶えた夢の発展的なものかもしれないし、消化した夢のスペースを埋める全く違うものかもしれない。
 
何れにしても、早く前に進むためにも出来るだけ早く実現させる方がいい。
 
今回、例にしたのが本日無事に取得したバイクの免許の話だったけど、同じ話がCPAなんかの資格試験や海外旅行とかにも言えますよね。
 
今、この記事を平日の居心地のいいコメダ珈琲で書いてます。ここでもう少し、これからの夢を考えてから帰ろうと思います。