USCPAその後、経理転職その後

コンサルファーム→BIG4会計事務所→東証一部上場メーカー経理。米国公認会計士(USCPA)。海外行きたいけど、当面、国内勤務。中途半端な英語をモノにしたいと日々考えたり動いたり。

決算の後はちょっと戯言

10月に入って1週間。私の第2四半期決算が終わりました。工場締めはいつもスピード締め。そのぶん瞬間の負荷は非常に高い。

そんなキツイ1週間を終えた後の週末は大体何もやる気がしない。とにかく疲れた体と心を癒すことに集中してしまう。具体的には睡眠と読書と子供との散歩。筋トレとかはやる気が起きない。だからまた痩せる。決算前に毎日やっていた英会話のルーチンも崩れたら戻しにくい。部屋は着替えやら本やら散らかっている。平日は片付ける時間がない。

決算の後はいつもこんな感じだ。こんな生活も3年になる。もともと飽きっぽいので長いと思う。同じことをずっとやり続けるのは苦手だ。なおかつそれがストレスフルなものだと尚更苦手だ。

決算が終わったらゆっくりできるか?答えはNo。今の部署にいる以上、これから次の予算やら監査やらでホッとできる日々は来ない。

まぁ鍛えられていますよ。この会社に入って随分強くなりました。スピード感とチームマネジメントに関しては社会人としての価値は間違いなく上がっている。
メンタルも相当強くなっている。毎日工場やら本社やらから矢のようなやり取りしてたら勝手に強くなります。

これからどうしようか、考える時なんだよな。異動したい。そろそろかな。やりたいことがあるんです。まだこの会社で。だからまだ辞めない。それまではこんな苦行みたいな生活も我慢してやりますよ。その代わり希望は押し通すつもり。

愚直さとしたたかさを両立しながら頑張りますよ。